top of page

______

"廻る/Around" 明主航/Wataru Myosyu

〈EXHIBITION〉

"廻(み)る/Around" 明主航/Wataru Myosyu

2024.03.15 Fri - 03.31 sun  13:00-18:00

金土日のみオープン/Open Fri - Sun

at Vacant/Centre

入場無料/Admission Free

京都・亀岡出身で、現在も同地で制作を続ける陶芸作家・明主航の展示を、2023年に続き開催します。

作家は近年「型取り」の手法を用いて、箱型の作品や〈白刻〉という器のシリーズを制作しています。型を使用しながらも、素材の掛け合わせや、型から外すために必要な砂敷き、丹念な仕上げの工程などに様々な偶発性を取り込むことで、ひとつひとつ全く異なる作品が生まれます。

作品の表面は釉薬で覆われることなく、土・石・砂で出来た自然物のような存在感を放ち、さらには陶器に開く無数の微細な孔を塞がずに、作品が「呼吸」している状態を作り出します。それは作家自身が作品の置かれる空間を意識し、そこに漂う「流れ」の一部となるように、という心づかいの表れでもあります。

土を始めとする素材、人、場所との廻(めぐ)りあわせ、大きな循環のなかにある存在に想いを馳せてつくられる作品たちは、今回どんな見立てに誘(いざな)ってくれるのでしょうか。

-

明主 航/Wataru Myosyu

1990年京都府生まれ。現在出身地の亀岡にて作陶を行う。近年の展示に『漆喰箱写し』(2022) tonoto/京都、『匣』(2022) 水犀/東京、『空く/Suku』(2023) Vacant/Centre/東京、『To Look Again』(2023) Atelier Éditions/LAなど。


※以下の写真は2023年の展示のものです。
bottom of page