Pendant 1957-2018

 

Exhibition:

Suilen Higashino

Pendant 1957-2018

 

2018.09.15 Sat - 30 Sun

12:00-20:00

Closed: 18 (Tue), 25 (Tue)

at VACANT/2F

Entrance ¥500

​​

15歳の頃より、モデルや文筆家、そして写真家として活動してきた東野翠れんの、写真集としては実に13年ぶりとなる新作『Pendant 1957-2018』の出版、そして同名の展覧会を開催致します。フランス語で〈〜の間〉を意味する”Pendant(パンダン)”という言葉には、これまで写真における「光」を意識して撮影を続けていた東野が、自身の出産を経てからの約6年間に撮影した写真を通じて、初めて実感した「時間の連なり」への想いが込められています。そして亡くなったイスラエル人の祖父の遺品から見つけた、約60年前に祖父によって撮られた写真との出会いが、作家自身の気付きをさらに拡張し、半世紀を超える時間の連なりとなって、ひとつの作品として結実することになりました。

 

「過去の痛み、歴史の重み、個人の傷跡ではない写真。ではなにを撮っているのかということを考えると、それは〈ちょっと先の未来におく写真〉ー 平和な世界がどんなところなのか、自分が忘れないためにも、いま目の前に見える一瞬の静けさ、光、その平安な時間を、今日、生きているということを祝福する写真を撮っているのだなと思う。」東野翠れん

 

祖父の写真もまた、「ちょっと先の未来」に居る孫である彼女のもとに届き、彼女の生きるこの一瞬一瞬を祝福してくれている。彼女はバトンを渡すように、未来に向けて写真を撮り続ける。この「時間の連なり」が私的な体験にとどまらず、誰もが感じ取ることの出来る普遍的な写真の魅力であることを、彼女の写真は教えてくれます。

 

写真集は展覧会の初日より、会場限定で販売開始。会期中には関連ライブイベントや、作家と共に行うワークショップイベントを開催予定。詳細は後日下記Webページにて発表致します。

 

特設サイト:Pendant 1957-2018

 

-

 

企画 : 岡野隆司 (FOR flowers of romance)

編集 : 加藤孝司
主催 : VACANT

協力 : WONDER PHOTO SHOP

 

 

 

 

Please reload

Related posts

Please reload