『mahora』第2号 刊行記念イベント Vol.1

 

Talk:

『mahora』第2号 刊行記念イベント Vol.1
後藤しおり(料理家)×岡澤浩太郎(司会/『mahora』編集・発行人)
2019.09.24 tue
OPEN 19:00 / START 19:30

TICKET: ¥2,800(軽食・飲物・お土産代込)
at VACANT/1F

太古から続く歴史や文化、秘跡や里山に残された光景、日々の暮らしやアート――さまざまな情景を“美”という情緒でつなぐ本、『mahora』は、創刊以来、少部数ながらあたたかいご支援をいただき、今年9月8日に、第2号を刊行できることになりました。この発刊を記念し、今号にご寄稿いただいた方々をお招きして全3回のイベントを行います。

 

Vol.1は、料理家の後藤しおりさんをお招きします。多い日には1日で100人分のお弁当をたったひとりで用意することもあるという後藤さんに、お料理のこと、食材のこと、日々の暮らしのことなどのお話をうかがいます。

当日は、来場するみなさんのために、後藤さんに軽食をご用意いただきます。後藤さんの言う、「特別ではない日常食」の美味しさを味わっていただきながら、トークをお楽しみください。

また今回は特別に、佐賀・唐津に工房を構える「紙漉思考室」の前田崇治さんに、手漉き和紙でランチョンマットをつくっていただきました。イベント当日の食卓を飾るとともに、ご来場のお土産として、どうぞお持ち帰りください。(文・岡澤浩太郎)

 

 

■書籍情報
『mahora』第2号
発行=八燿堂
編集/発行人=岡澤浩太郎
デザイン=須山悠里
定価=3,800円(税別)
www.mahora-book.com/book/mahora-2

・目次(寄稿者敬称略)
振動に漂う生命 青葉市子=文
食べる、記憶 後藤しおり=文・写真
[創作] とうめいな未来 こじょうゆうや=文/ちこうゆみこ=挿画
鷹とともに、この空の下で 大塚紀子=文
手放すことの可能性 スティーブン・ギル=インタビュー・写真/岡澤浩太郎=取材・文
紙漉思考室と手漉き紙 前田崇治=インタビュー/岡澤浩太郎=取材・文/野口優子=写真
人と鯨の物語『ありふれたくじら』の4年から 是恒さくら=文・作品
[連載] 職と芸術についてのノート 第二回 循環と分配の知恵 石倉敏明=文
[連載] 続・暮らしの風景 第二回 対話「喜びの風景 畑と山羊と服について」 林央子=文/居相大輝=談・写真
[今号の結び] 菊綴じ結び 関根みゆき=文

 

 

<ご予約>

 Peatix (事前決済)    予約ページ (当日支払い)

※ご予約頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

<プロフィール>

後藤しおり(ごとう・しおり

料理家。ブータン料理店、野菜料理店などを経て2012年に独立。世田谷にアトリエを構え、「豆/とう」の屋号で仕出し料理や出張料理人として活動。日常食、季節料理、ご節句の弁当などのほか、催事などへの仕出し料理や出張料理を行う。gotoshiori.com

 

 

岡澤浩太郎(おかざわ・こうたろう)
『mahora』編集・発行人、出版レーベル・八燿堂主宰。『スタジオ・ボイス』編集部などを経て2009年よりフリーランス。興味=藝術の起源、森との生活。個人の仕事=『murmur magazine for men』、芸術祭のガイドブックなどの編集、『花椿』などへの寄稿。趣味=ボルダリング(V5/1級)。www.mahora-book.com

 

 

 

お問い合わせ

 

Please reload

Related posts

Please reload