時間と価値を問う

Video still from 'Nostalgia, Amnesia', 2019

 

Talk:

時間と価値を問う
志村信裕×林央子
2019.08.31 sat
OPEN 14:30 / START 15:00 (17:00終了予定)
at VACANT/1F

〈Ticket〉予約¥1,500 当日¥1,800
     (※各1drink¥500別途)

 千葉県立美術館では、美術家・志村信裕さんの個展「千葉の新進作家vol.1 志村信裕 -残照-」が開催中です(会期:2019年7月13日〜9月23日)。本展示内で公開されている《Nostalgia, Amnesia》(2019)は、フランスで出会った編集者エレン・フライスさん(雑誌『Purple』創刊者)とのピュアウールのニットベストをめぐる短い会話をきっかけに、家畜としての羊や羊毛産業に着目した志村さんが、フランスと日本で取材を重ねた映像作品です。

Video still from 'Nostalgia, Amnesia', 2019

 

 《Nostalgia, Amnesia》制作期間中に執筆された編集者・林央子さんとの往復書簡 「出会いの風景:羊毛と暮らしと美について」(『mahora』創刊号掲載) は、制作の貴重な記録であると同時に、古着/古道具が有する物語性や歴史性、ファッション産業の抱える問題、SNS時代のコミュニティ等、生活と美術を巡る幅広いテーマを内包した思索の軌跡でもあります。

 

 本イベントでは、往復書簡で浮かび上がったテーマや、林さんがInstagramに綴った「(志村さんの作品は、つねに)時間と価値(について問うものである)」という言葉を起点に、お二方による対談を通じて、生活や歴史と美術との接続を真摯に試みる、志村さんの稀有な作家性の本質に迫ります。

 個展をご覧になった方も、これからお出かけになる方も、お気軽にご参加ください。

 

<ご予約>

Peatix (事前決済)/ 予約ページ (当日決済)

 

<チケットの購入について>

ご購入頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

<PROFILE>

 

志村信裕(しむら・のぶひろ)
1982年東京生まれ。武蔵野美術大学大学院映像コース修了。現在千葉県を拠点に活動。2016年から2018年まで文化庁新進芸術家海外研修制度により、フランス国立東洋言語文化大学(INALCO)の客員研究員としてパリに滞在。身近な日用品や風景を題材にした映像インスタレーション作品から、近年では各地でのフィールドワークを元に、ドキュメンタリーの手法を取り入れた映像作品を制作。ローカルな視点から、可視化され難い社会問題や歴史に焦点をあてるプロジェクトを手がける。これまでの主な展示に「21st DOMANI・明日展」(国立新美術館、2019年)、「六本木クロッシング2016:僕の身体、あなたの声」(森美術館、2016年)、「未見の星座〈コンステレーション〉-つながり/発見のプラクティス」(東京都現代美術館、2015年)など。主な寄稿に「here and there」、「mahora」、「Journal du Thé」など。
現在、千葉県立美術館で個展「残照」を開催中。
ホームページ http://nshimu.com
 

林央子(はやし・なかこ)
編集者。1966年生まれ。資生堂『花椿』編集部に所属(1988~2001)の後フリーランスに。2002年、同時代を生きるアーティストとの対話から紡ぎ出す個人雑誌『here and there』を2002年に創刊。自身の琴線にふれたアーティストの活動を各種媒体への執筆により継続的にレポートする。2011年に刊行した『拡張するファッション』(スペースシャワーネットワーク)は、ファッションを軸に現代的なものづくりや表現の方法を探る国内外のアーティストの仕事を紹介し、多くの反響を呼ぶ。同書が紹介した作家たちをふくむグループ展「拡張するファッション」は2014年に水戸芸術館現代美術センター、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館を巡回した。2020年春、東京都写真美術館で開催される展覧会「写真とファッション」(仮称)を監修。
現在web『花椿』にて「90s in Hanatsubaki」、web magazine『 She is』にて「林央子と『つくる理由』」連載執筆中。
 

お問い合わせ

 

主催: VACANT

Please reload

Related posts

Please reload