FOUNDLAND feat. Tenniscoats + Ichiko Aoba

 

FOUNDLAND feat. Tenniscoats + Ichiko Aoba

2019.12.27 Fri
OPEN 18:30 / START 19:00
at VACANT/2F

〈Ticket〉前売¥3,500 当日¥4,000
     (+ドリンク代 500yen)

 

原宿に様々な文化を呼び込み、更新し、シーンを牽引してきたVACANTが、2019年末をもって原宿のスペースをクローズすることになりました。ホームグラウンドとして共に歩み、今年10年目を迎えるFOUNDLANDでは、同スペースでも数多く出演してきたテニスコーツと青葉市子の2組を迎えて、その最後に華を添えます。

 

日程|2019年12月27日(金)

 

時間|18:30 open / 19:00 start

 

会場|VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13-2F)

 

料金|前売 3,500yen / 当日 4,000yen(+ドリンク代 500yen)

 

出演|テニスコーツ、青葉市子

 

音響|福岡功訓(Fly sound)

 

予約|こちらのWEBページよりお願いいたします。→ Peatix 

※ご購入頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

プロフィール|

 


 

 

 

 

 

 

 

 

テニスコーツ Tenniscoats
さや(Vocal)と植野隆司(Guitar)のバンド、1996年~。楽器のような歌と声のようなアコースティック・ギターで、アジア、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ、日本の隅々のどこまでも出かける。単独・コラボレーションでのアルバムが全26枚、他ユニット、ソロ作が多数ある。最近の活動では、ドイツのマーカス・アーハーらと結成したバンドSpirit Fest、遠藤里美と組んだ楽団ざやえんどうなど。2016年から出演している、ミュンヘンのAlien Disco Festivalで2018年The Notwistと共にキュレーションをした。2019年HochzeitskapelleとAlien Paradeジャパンツアーを行う。同9月、ベーシスト立花泰彦とのJazzカバーアルバム「ワルツ・フォー・ダビー」がリリース(7e.p.)。編纂を担当した日本のコンピレーション’’Minna Miteru’’がドイツのMorr Music, Alien Transistorからリリース予定です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

青葉市子 ichiko aoba
音楽家、うたとクラシックギター。1990年1月28日生まれ。2010年『剃刀乙女』発表。2018年から2019年にかけて6枚目のソロアルバムとなる『qp』と共に、日本30公演、アイスランド・デンマーク・ロンドン・パリでの公演を行う。2019年夏はReborn-Art Festivalへ作家として参加。ソロ活動の他にマヒトゥ・ザ・ピーポーとのユニットNUUAMMをはじめ、様々なアーティストとの創作を行っている。CMでは任天堂、ゼクシィ、キユーピー、小田急ロマンスカー、象印、東京エレクトロン等の音楽制作、舞台作品では『百鬼オペラ 羅生門』『わたしは真悟』 『レミング~世界の涯まで連れてって~』『cocoon』等への参加、短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』でのヒロイン・トリクシー役の声優を担当するなど、多岐にわたり活動中。
https://www.ichikoaoba.com/

Please reload

Related posts

Please reload