石橋英子 SOLO LIVE

Live:

石橋英子 SOLO LIVE

 

2019.07.14 sun
OPEN 18:30 / START 19:00

TICKET: Adv  ¥2,500 (1Drink別途)
    Door ¥2,800 (1Drink別途)

at VACANT/1F

石橋英子は日本を拠点に活動する音楽家である。ピアノ、シンセ、ドラム、 フルート、ヴィブラフォン等も演奏するマルチ・プレイヤーとして、またシンガーソングライターとして、即興演奏、他のミュージシャンのプロデュース や舞台や映画の音楽制作も行う。

これまで6枚のアルバムと1枚のピアノソロアルバムをリリース。3枚のアルバムはアメリカのレコードレーベルDrag Cityからもリリースされた。Editions megoよりMerzbowとのDUO作品、Black TruffleよりDarin Grayとのデュオ作品を発表。

日本では星野源、前野健太、七尾旅人などの作品に参加。海外ではJim O’Rourke,John Duncanなどの作品に参加。

ドイツを代表する映画監督ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの戯曲による演劇「ゴミ、都市そして死」、演劇団体"マームとジプシー"の東京芸術劇場での公演「ロミオとジュリエット」「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと」、NHKによる阪神・淡路大震災をテーマにしたドラマ「あったまるユート ピア」、廣木隆一監督映画「夏美のホタル」、金子雅和監督映画「アルビノの木」の音楽を担当、同映画によりシネルファマ・リスボン・ インターナショナル・フィルム・アワーズで最優秀音楽賞。 2019年に5月にフランス国立電子音楽研究所Ina-GRMなどの招聘を受け、イタリア、フランス、イギリス、ドイツ、ポルトガル、デンマーク、ベルギーと7カ国を巡るツアーを実施。

 

客席との距離が近く、音の響きが心地よいVACANT1Fで行われる本ライブでは、近年ヨーロッパツアーで演奏したソロセットを元にした演奏(使用楽器:フルート,シンセサイザー,エレクトロニクス)を予定している。

 

(2018年7月リリース 6th Album「The Dream My Bones Dream」Trailer)

 

<石橋英子 WEB>

http://eikoishibashi.net/

 

<ご予約>

 Peatix (事前決済)   予約ページ (当日支払い)

※ご予約頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

お問い合わせ

 

<主催> VACANT (担当:吉田)

 

Please reload

Related posts

Please reload