Houyhnhnm Skateboard Club vol.12

 
Houyhnhnm Skateboard Club vol.12
「スケートボードとZINE 〜みんなで一冊のZINEを作ろう!〜」

小澤千一朗×平野太呂
2019.12.15 Sun

 

13:00-16:00 「スケートボードとZINE」ワークショップ (要予約・有料)

17:00-18:00 「スケートボードとZINE」ポッドキャスト公開収録 (予約不要・無料)

 

at VACANT/1F

HOUYHNHNM x VACANTによる、スケートカルチャーをテーマにした体験型レクチャーイベント。メインホストに「SB」編集長の小澤千一朗氏と写真家の平野太呂氏を迎え、毎回のテーマごとに豪華ゲストを招いて、座談会公開収録イベントを全12回開催します。

 

​最終回となる今回は「スケートボードとZINE」をテーマに、本企画の集大成ともなるZINE作りのワークショップを開催。ホストと参加者それぞれがスケートカルチャーを感じる写真を最低一枚持ち寄っていただき、参加人数分のZINEを製作する内容になります。

写真のレイアウトやキャプションとなるテキストの挿入、一冊を通しての構成など雑誌作りにも通ずるZINEの製作を通して、出版業界で長らく物作りに携わってきた二人のホストが大切にするクリエイションに触れることはもちろんのこと、今回は特別に海外のZINEで頻繁に使用されるリソグラフという印刷機をご用意し、なおかつ専任のデザイナーがレイアウト組みの実作業をサポートするなど、千載一遇の機会となること間違いなし。是非とも奮ってご参加くださいませ。

 

・ワークショップ定員数:18名(先着順)
・ワークショップ参加費:¥2,000
・当日参加者の皆様に持参いただくもの:それぞれがスケートボードを感じるもの(写真や文章、モノ、絵などのアート作品などなんでも可)

・ご予約はこちら→ Peatix  ※ご購入頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

こちらから過去イベントのアーカイブをチェック!

《Houyhnhnm Skateboard Club特設サイト》


<PROFILE>
小澤千一朗 / ライター/編集者
90年代、国内初のスケートボード専門誌である『WHEEL magazine』の編集長としてアメリカでのスケートカルチャーの取材を精力的にこなした後、2001年に『Sb SkateboardJournal』を刊行。以後、定期刊行する傍らストリートカルチャーにとどまることなく、多角的に国内外の媒体で執筆活動を続ける。新著書として、パンダのグラビア本三部作『HELLO PANDA』、『PANDA MENTAL』、『HELLO PANDA CAKE』 が発売中。

平野太呂 / フォトグラファー
武蔵野美術大学で現代美術としての写真を学ぶ。その後、講談社でアシスタントを務め、スケートボード専門誌の『WHEEL magazine』や『Sb』の立ち上げに関わり、フォトエディターを務める。以後、広告やCDジャケット、さらにファッション誌やカルチャー誌などを中心に活躍中。主な作品に、写真集 『POOL』、『Los Angeles Car Club』、『The Kings』など。

主催:VACANT
協力:HOUYHNHNM

Please reload

Related posts

Please reload