HARAJUKU CINEMA CLUB vol.5

Image Courtesy of Lizzie Borden and Anthology Film Archives, New York. Distributed by Cinenova.

 

HARAJUKU CINEMA CLUB vol.5

「ボーン・イン・フレイムズ」
ゲスト:五所純子、中西香南子
2019.11.17 Sun
OPEN 15:30 / START 16:00
at VACANT/2F

〈Ticket〉一般:前売¥2,000 当日¥2,200
       学生:前売¥1,800 当日¥2,000
     (※各1drink付き)

VACANTでは、新時代のシネフィル(映画愛好家)として町山広美さん・廣瀬純さん・五所純子さん・鍵和田啓介さんの四名を語り部にお迎えし、魅力尽きぬ映画世界への扉をノックする連続イベント「HARAJUKU CINEMA CLUB」をスタートします。これまでプレイベント「Cinephile Quartet」(2019年4月)、vol.1映画における<出来事>」(6月)、vol.2「町山広美のシネマスナック(7月)、vol.3「政治的な、あまりに政治的な、映画の話」(8月)、vol.4「エモ映画批判序説」を開催しました。

 

第5回目はエッセイ/創作/批評が入り混じる、独特の視座と文体で文筆活動を行い、i-D Japan webで「映画の平行線」を連載している文筆家・五所純子さん、本作の日本での上映の立役者である中西香南子さんのお二方をゲストにお迎えし開催いたします。

 

今回は映画「ボーン・イン・フレイムズ」を上映し、五所さんと中西さんにお話いただきます。

日本での上映が2回目となる本作は、近未来のニューヨークを舞台に抑圧された女性達の姿を描いたSFカルト作品です。

女性とドラッグに関するルポルタージュ(『ドラッグ・フェミニズム』「月刊サイゾー」にて連載)を執筆している五所さんにとって、本作はどのように映るのでしょうか。中西さんによる作品解説も必聴です。

 

映画の見方の多様性や深度、シネフィルたちの熱い映画愛と出会える、そんなひとときをご用意してお待ちしています。
原宿に現れた映画の穴蔵、HARAJUKU CINEMA CLUBへようこそ。

 

 『ボーン・イン・フレイムズ』 Born in Flames

1983年/カラー/Blu-ray/80分
監督:リジー・ボーデン 音楽:レッド・クレイオラ
出演:ジーン・サターフィールド、アデル・バーテイ、ハニー、キャスリン・ビグロー

社会民主主義によって起こされた解放革命から10年後の近未来ニューヨークを舞台にしたSFカルト作品。海賊ラジオ放送のDJや労働者など、ジェンダー、人種、階級を超えた様々な女性たちが連帯し、革命後もなお残る抑圧に対峙する姿をドキュメンタリー的手法で描く。

 

<前売ご購入は下記サイトより>

Peati

 

<チケットの購入について>

ご購入頂いたチケットのキャンセルは承っておりませんので、予めご了承ください。

 

<PROFILE>

五所純子(ごしょ・じゅんこ)
文筆家。映画や文芸を中心に、雑誌・書籍・パンフレットなどに寄稿多数。著書に『スカトロジー・フルーツ』(天然文庫)、共著に『1990年代論』(河出書房新社)、『心が疲れたときに観る映画』(立東舎)など。「月刊サイゾー」にて「ドラッグ・フェミニズム」、「ele-king」にて「幸福の含有量」、i-D Japan webにて「映画の平行線」を月永理絵と連載中。

 

 

お問い合わせ

 

主催: VACANT

Please reload

Related posts

Please reload