FOUNDLAND

 

Live:

FOUNDLAND

 

2018.04.14 sat

OPEN 17:00 / START 17:30

at VACANT 2F

7年ぶりに大復活、西山豊乃のソロユニットGutevolkのニューアルバム「グーテフォルクの声飛行 ~ Hello tiny people ! I will catch you ~」リリース記念のスペシャルライブ&台湾より美麗室内楽アンサンブルCicadaの新作「White Forest」の発表を記念した再来日公演をFOUNDLANDで開催します。共演には女性SSWの超新星marucoporoporo、音楽に限らず多彩な活動で注目の角銅真実!

 

 

<公演情報>

 

2018.4.14 sat

OPEN 17:00 / START 17:30

at VACANT 2F

 

料金:予約 4,000yen / 当日 4,500yen 

(+ドリンク代 500yen)

 

出演:

Gutevolk

Cicada  ( from 台湾 )

marucoporoporo

角銅真実

 

予約:foundlandjp@gmail.com(メール)

 

presented by FOUNDLAND 

foundland.us

 

 

 

<PROFILE>

 

 

Gutevolk

西山豊乃 ( にしやまひろの ) の1人ユニット。民族楽器とレコードの収集が趣味の祖 父のもとで様々な音楽に触れ、4歳でピアノを始める。10代後半にカナダ・フランスに留学。帰国後、音楽制作をはじめる。1999年、竹村延和主宰のレーベルChildiscから“にしやまひろの”としてアルバム1枚、ミニアルバム1枚を発表。2002 年、細野晴臣主宰のDaisyworld DiscsよりGutevolkとして1stアルバムとなる「グーテフォ ルクは水の中」をリリース。以降、国内外でのライブ活動のほか、CM・舞台・アニメーションなどの音楽を手がけるようになる。2003年にアルバム「Suomi」、2004年にミニアルバム「Twinkle」、2007年にアルバム「グーテフォルクと流星群」を発表する。 2010年に発表したアルバム「太陽のシャンデリア」収録曲が児玉裕一監督の手がけるショートムービー『TabioSlideShow』に起用される。2013年に松山ケンイチ主演の舞台『遠い夏のゴッホ』の劇判楽曲の制作を担当。

 

 

 

Cicada シカーダ (from 台湾)

2009年の秋に結成された5人組の室内楽アンサンブル。2010年にOlafur Arnaldsのライヴのオープニングアクトとしてでデビュー、アルバム「Pieces」が台湾で大ヒットを記録し、いくつかのリリースと共に瞬く間に台湾で最も勢いのあるアーティストに成長した。近作は一貫して台湾の海や生物をテーマとした作品をリリースしており、今年flauよりニューアルバム「White Forest」をリリース。

 

 

 

marucoporoporo

2015年より東京を中心に音楽活動を開始。作曲、編曲、作詞、ミックスまで全て自身でこなす。ファナ・モリーナやジョニ・ミッチェルを想起させる歌声と生楽器と電子音を巧みに融合させた楽曲が特徴であり、ライブではギター、ピアノの弾き語りに加え、ルーパーを用いての実験的な表現も行っている。

 

 

角銅真実

音楽家 打楽器奏者。長崎県生まれ。マリンバをはじめとする色々な打楽器、自身の声、身の回りの気になるあらゆるものを用いて、音楽といたずらを紡いでいる。その形はインスタレーション、アートプロジェクトでの作品制作にも及び、演奏だけにとどまらない作家としての自由な表現活動を展開している。初めてのソロアルバム"時間の上に夢が浮かんでいる"を2017年に発表したほか、2016年夏よりバンドceroにてコーラスとパーカッションでのサポートメンバーとしての活動や、スタジオワーク、作曲家の新作初演・現代音楽をはじめとするコンサートでの演奏、ダンス作品や映像作品への楽曲提供も行なっている。今は、次のアルバムを作っているところです。

https://manamikakudo.wordpress.com/about/

 

 

Please reload

Related posts

Please reload