雪は西からやって来る

 

 

Exhibition:

雪は西からやって来る

 

<前編>

2017.04.16 sun - 23 sun

Open 12:00 / Close 20:00

(04.21 fri 最終入場 17:00 / 閉場 17:30)

at VACANT 2F

入場料 ¥300

 

<後編>

2017.04.24 mon - 05.21 sun

Open 12:00 / Close 20:00

at VACANT/GALLERY

入場無料

今年3月に発売された写真集「西から雪はやって来る」は、俳優・東出昌大とデザイナー・町口覚、写真家・田附勝が出会い、8日間の旅を経て生まれてきた<異質な>本である。そこには俳優/デザイナー/写真家というそれぞれの領分を越境し、互いに挑発し合いながら、大自然とそこに息づく人々の営みを通して、生きることに真っ向から対峙しようとする姿がある。

 

「この一回の、たった一回の生をより良く出来るよう、何が足りないのかを考え続けよう。」(本文より)

 

深く、強く生きる命に触れ、感じることの先に、考え続けることを選び取る。何を考えるのか、どのようにして考えるのか。その無防備な問いの在り方が、この本の異質さでもあり、さらにまた別の問いへ繋がる引っ掛かりとなっている。なんとも、引っ掛かる本なのだ。

 

今回の展覧会では、写真集からセレクトされた写真と文章とともに、実際に旅で使用した道具や、東出が旅の途上でしたためた日記などが展示される。会期中には関連イベントも開催。

 

"感じる”をテーマとしてスタートしたプロジェクトの、また新たな旅がここに始まります。

-

 

<関連イベント>

 

朗読会「西から雪はやって来る、朗読」

出演:町口覚、田附勝、伊賀大介、東出昌大

日時:2017年04月21日 (金)/開場 19:00/開演19:30

会場:VACANT 2F

終了

 

トーク「僕らのやっていること」

出演:町口覚、田附勝、伊賀大介、東出昌大

日時:2017年05月21日 (日)/開場 14:30/開演15:00

会場:VACANT 2F

入場料:¥1,500

予約

-

 

<PROFILE>

 

東出 昌大 (ひがしで まさひろ) 

俳優。1988年埼玉県生まれ。2012年に映画『桐島、部活やめるってよ』で俳優デビュー。同作で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞。翌年、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で注目を集める。近作に、映画『クリーピー 偽りの隣人』、主演映画『デスノート Light up the NEW world』など。羽生善治役を演じた映画『聖の青春』では第40回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。今後の出演作として、テレビNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』シリーズ、映画『関ヶ原』(2017年8月26日公開予定)など。

 

町口 覚 (まちぐち さとし) 

グラフィックデザイナー、パブリッシャー。1971年東京都生まれ。「マッチアンドカンパニー」主宰。森山大道、蜷川実花、大森克己、佐内正史、野村佐紀子、荒木経惟など日本を代表する写真家の写真集をはじめ、映画・演劇・展覧会のグラフィックデザイン、文芸作品の装丁などを幅広く手掛ける。2005年、自ら写真集を出版するためレーベル「M」を立ち上げ、2008年より世界最大の写真の祭典「PARIS PHOTO」に出展、世界を視野に“日本の写真集の可能性”を追究している。2009年、2015年に造本装幀コンクール経済産業大臣賞、2014年に東京TDC賞などを国内外で受賞多数。

 

田附 勝 (たつき まさる) 

写真家。1974年富山県生まれ。1995年よりフリーランスとして活動を始める。2007年、デコトラとドライバーのポートレートを9年にわたり撮影した写真集『DECOTORA』(リトルモア)を刊行。2006年より東北地方に通い、東北の人・文化・自然と深く交わりながら撮影をつづける。2011年、写真集『東北』(リトルモア)を刊行、同作で第37回木村伊兵衛写真賞を受賞。写真集『その血はまだ赤いのか』(SLANT/2012年)、『KURAGARI』(SUPER BOOKS/2013年)、『「おわり。」』(SUPER BOOKS/2014年)、『魚人』(T&M Projects/2015年)など。

 

 

-

 

主催:東出昌大、町口 覚、田附 勝

共催:VACANT

協力:Humanité、マッチアンドカンパニー、宝島社

協賛:富士フイルム株式会社

 

 

Please reload

Related posts

Please reload