PhotoBook Symposium: Chose Commune

 

Presentation & Book signing:

PhotoBook Symposium: Chose Commune​

 

2016.08.27 sat
Open 16:30 / Start 17:00
at VACANT 2F

Ticket: Adv ¥1,500 / Door ¥1,000

前売り券にはChose Commune オリジナルトートバッグ付 *先着30名

出版社自らが「写真集」について語るプレゼンテーション形式のイベント「フォトブック・シンポジウム」。

 

昨年イギリスの出版社「MACK」のマイケル・マック来日に合わせて開催された本イベント、今回はフランスのインディペンデント出版社「Chose Commune」より、設立者のセシル・パンブフ・コイズミ(Cécile Poimboeuf-Koizumi)とヴァサンタ・ヨガナンタン(Vasantha Yogananthan)が来日します。

 

第一部では、Chose Communeが先日新しく刊行したの2つの写真集「ASTRES NOIRS」と「EARLY TIMES」についてプレゼンテーションを行い、第二部では、昨年刊行され世界的に話題になった植田正治の写真集「SHOJI UEDA」を取り上げ、島根県立美術館主席学芸員の蔦谷典子による特別講義「植田正治の空(ルビ:くう)」が開催されます。

 

イベント前売りチケットはこちらで販売中。先着30名様にChose Commune オリジナルトートバッグが付いてきます。

 

Chose Commune

フランスを拠点とする出版社。セシル・パンブフ・コイズミ(Cécile Poimboeuf-Koizumi)とヴァサンタ・ヨガナンタン(Vasantha Yogananthan)の2人よって2014年に設立。大胆で自由なデザインと編集センスによって、主に若手の作品や著名な写真家の未発表作をこれまで4つの写真集として出版。そのほとんどがその年の各ブックアワードでノミネートされている。

www.chosecommune.com

 

蔦谷典子

鳥取県生まれ。1990年米子市美術館学芸員就任。1995年島根県立美術館準備室に移り、学芸課長を経て、現在主席学芸員。西洋近代美術史、写真史。企画した主な写真展「芸術写真の時代―米子写友会回顧展」(1990)「植田正治とその仲間たち」(1992)、米子市美術館。 「光の狩人―森山大道1965-2003」(2003)、「手のなかの空―奈良原一高1954-2004」(2010)、島根県立美術館。2014年日本写真協会学芸賞受賞。2016年、奈良原一高文集『太陽の肖像』編。また、開館15周年記念展「水辺のアルカディア ピュヴィス・ド・シャヴァンヌの神話世界」(2014)で2015年西洋美術振興財団学術賞受賞。

 

 

 

 

 

More Info&Reserve

 

Please reload

Related posts

Please reload