Winter / 季節の記憶

 

Exhibition:

野口優子  "Winter / 季節の記憶"

Yuko Noguchi  "Winter / Memory of Seasons"
VACANT VERNACULAR PROJECT #03
 
June 24 – July 24, 2016
12:00-20:00
at VACANT/GALLERY
Entrance Free

 

 写真家・野口優子は20代の頃に様々な映像表現に触れた経験から独学で写真を始めた。東日本大震災がきっかけとなり、2012年に当時暮らしていた東京から地元の大分へ拠点を移し、制作活動を続けていたところ、雑誌『Purple』のエレン・フライスに見出され、彼女の運営するWEBジャーナル『Les Chroniques Purple』に参加。現在も豊かな自然を誇る大分という土地に暮らし、周囲を囲む景観とそこに住む人々の姿を日々とらえている。東京では初の個展となる今展は、大分を中心とした九州の冬景色を映した写真シリーズと、四季の移り変わりを収めたスライドショーで構成される。

 

Yuko Noguchi started photography in her 20s, based on a variety of experiences with visual expression. In 2012, receiving the Great Tohoku Earthquake, she would decide to move out of Tokyo to go back to her hometown in Oita. Later in the time, her photographic talent was discovered by the co-founder of the magazine Purple, Elein Fleiss, who later invited Noguchi to join her online journal, ’Les Chroniques Purple.’ Still today Noguchi lives and works in the great nature of Oita, taking pictures of the landscape and the people surrounding her environment. Presented as the photographer’s first solo exhibition in Tokyo, this show brings together her photography series showing the winter scenes in and around Oita and the Kyushu area, in addition to a slideshow about the changing seasons there.

 

冬の朝、暗さと明るさが混ざり合う、夜明け前の空を眺める。
日々、陽は昇りそして沈んでゆく。季節は巡り、光も風も変わってゆく。
そう知っていても、変わりゆく風景に出会うたび 
言葉では言い尽くせない、不思議な喜びがあふれて​くる​。
足元の草にも、見上げた木々にも、人々の生活とは関係なく、 
ただ流れている時間があることを、歩き、立ち止まる、
その繰り返しの中に感じていたい。

-野口優子

 

One winter morning, I look up to the sky before dawn where the darkness is blended with brightness.
The sun goes up and down everyday. Seasons change as the lights and winds shift.
I am filled with wonderful pleasure with as much as I can't find the right words to express. 
There is a flow of time in the glass under my feet and in the trees above my head.
I wish to embrace this passing of time as I walk, stop and keep repeating it.
-Yuko Noguchi

 

何気ない景色も、二度と同じ瞬間はやってこない。刻々と変化する無数のレイヤーをまとった風景は、なにごとかを語り出す。彼女が切り取る風景/物語は瑞々しくも儚い、常に移ろいゆく「季節の記憶」。その作品群はまるで、四季が巡り描いていく円環の内側から、延々と続く地平を見渡しているような、そんな心地に誘われる。

 

Dressed in a myriad of constantly-changing layers, her scenes tell a story. The scenes and stories that she cuts are fresh and ephemeral, ever-wandering "memory of seasons." Viewing her works invites a feeling as though one is looking out from a circle drawn by the endless seasons toward an endless horizon.

 

-

 

VACANT VERNACULAR は、都市とアーティスト、そしてオーディエンスの関係を巡るアートプロジェクトです。
世界各都市で活躍するアーティストによる展覧会/パフォーマンスを端緒として、その作品が持つヴァナキュラー(土着・地域)性を探りながら、その都市におけるアートの周辺環境(マーケット、ギャラリー・ミュージアム、制作・発表場所、コミュニティー、社会制度、政治状況)がどのようにアーティストに影響を与えているかを考察します。
さらにアーティストとのワークショップ、フィールドワークやディスカッションによって、これからの時代における、アートを通じた都市とそこに住む人々の理想的な関係について考察し、此処東京において、それを実践するための環境を整えていく方法を探ります。
都市とアーティスト、そしてわたしたちオーディエンスが相互に刺激し合い、世界に誇るアート都市としての東京の姿を、本プロジェクトを通して見つけ出していきます。
 
 
Vacant Vernacular is a project connecting the relationships between the cities, artists, and audiences. 
 From the exhibitions and performances by artists from various cities around the world, we will explore the ‘vernacular’ aspects of their work and examine how the surrounding environment (markets, galleries, museums, production/presentation spaces, communities, social systems, political conditions) influences the artists themselves.
 We will study the ideal relationships between a city and its residents in the age to come, through workshops, fieldworks and discussions with these artists, and explore ways to create and practice that environment here in Tokyo.
 Through this project, we will seek for the vision of Tokyo as a world-class art city, a place where the city, artists, and we the audience mutually stimulate one another. 
 
-

Organizer: VACANT
Sponsor: Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

 

 

Please reload

Related posts

Please reload