Boxer

 

Exhibition:

Kristin Loschert  "Boxer"
VACANT VERNACULAR PROJECT #01
 
Feb 19 – Mar 20, 2016
12:00-20:00 / Close Mondays
at VACANT/GALLERY
Entrance Free

写真家として活動するクリスティン・ロチャートは、この世界の断片を捉えるための手段である写真が、現実と幻想の境界、あるいはその先にあるものを捉え、描写し、それについて語り出すという、その本質にある力を追求するため、従来のアナログプリントと写真現像プロセスの組み合わせに加え、写真マテリアルへの独自のアプローチで作品を制作している。個人的な興味に端を欲し、彼女の日常からかけ離れた場所にありながら、自身の感覚や思考、認識に訴えかけてくる対象をテーマとして、それを入念に観察し続けることで制作活動をスタートしていく。

 

2013 年制作の「Boxer」では、西南ドイツの町ユーターボークのスポーツクラブにあるボクシングジムを撮影。ドイツ民主共和国時代にはあまねく知られたというその建造物も、今では荒廃化の一途を辿るが、それでもなお、ボクシングの修行を積みにその門戸を叩く若者は少なくない。ロチャートは、この場所と若者たちの顔に浮かぶ表情、そしてその空間に散りばめられた細かな要素と動作の数々を丁寧に見つめることで、ボクシングが織りなす単なる競技の熱気とは別のなにかを解読しようと試みている。無骨さ、自己超越(ファイティングポーズ)、脆さ、優しさは、それぞれ全く別物に見えるが、実は表裏一体の関係にある。ロチャートの写真には、彼女が「観察」を通して見た時代錯誤なジムとボクサーの姿が、その物理的な存在を超えて映し出されている。

 

-


Kristin Loschert realizes her work through her own approach towards photographic materials, by employing photography—which is but one method of perceiving fragments of this world—to capture, describe and narrate the things between reality and fantasy, or what lies beyond, and to pursue the power of such essence, through a combination of analog prints and techniques in development processes. Through a desire that was onset by her personal interest, Loschert often embarks on her projects with search for, and continuous observation of the world that had never crossed her life though it might hold hints to her sensibility, sentiment and perception.
 
In the ‘Boxer’ series, she visits and photographs a boxing gym situation in Jüterbog, Brandenburg, Germany. Formally well known in the time of German Democratic Republic, the building is now falling into disrepair. Despite of this situation, however, there are still a number of young boys and girls who visit there wishing to receive training in boxing. By observing the various minute elements and movements that are inlaid in the location and the youth, Loschert attempts to read an essence of something that lies beyond the sports boxing itself. Roughness, self-transcendence (boxing gesture), fragility, and tenderness stand next to each other. Transcending the physical existence of the gym, Loschert’s photographs convey the portraits of the young boxers and the place where she sees the anachronistic traits of her objects.

 

 

 

VACANT VERNACULAR は、都市とアーティスト、そしてオーディエンスの関係を巡るアートプロジェクトです。

世界各都市で活躍するアーティストによる展覧会/パフォーマンスを端緒として、その作品が持つヴァナキュラー(土着・地域)性を探りながら、その都市におけるアートの周辺環境(マーケット、ギャラリー・ミュージアム、制作・発表場所、コミュニティー、社会制度、政治状況)がどのようにアーティストに影響を与えているかを考察します。

さらにアーティストとのワークショップ、フィールドワークやディスカッションによって、これからの時代における、アートを通じた都市とそこに住む人々の理想的な関係について考察し、此処東京において、それを実践するための環境を整えていく方法を探ります。

都市とアーティスト、そしてわたしたちオーディエンスが相互に刺激し合い、世界に誇るアート都市としての東京の姿を、本プロジェクトを通して見つけ出していきます。

 

-

 
Vacant Vernacular is a project connecting the relationships between the cities, artists, and audiences. 
 From the exhibitions and performances by artists from various cities around the world, we will explore the ‘vernacular’ aspects of their work and examine how the surrounding environment (markets, galleries, museums, production/presentation spaces, communities, social systems, political conditions) influences the artists themselves.
 We will study the ideal relationships between a city and its residents in the age to come, through workshops, fieldworks and discussions with these artists, and explore ways to create and practice that environment here in Tokyo.
 Through this project, we will seek for the vision of Tokyo as a world-class art city, a place where the city, artists, and we the audience mutually stimulate one another. 

 

-

Organizer: VACANT

Sponsor: Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)
Support: Embassy of the Federal Republic of Germany, GRIDE
 

Please reload

Related posts

Please reload