Ladders, Artifacts and Trees: Selected Works from Hiroshima

 

 

Exhibition:

 elin o’Hara slavick "Ladders, Artifacts and Trees: Selected Works from Hiroshima"
 
Nov 27 fri - 29, 2015
12:00-20:00 / Close Mondays
at VACANT/GALLERY
Entrance Free

写真家・芸術家として活動するエリン・オハラ・スラヴィックは、2008年より広島を訪れ、広島平和記念資料館所蔵の被曝物品や被曝建造物の壁面などを題材として、青写真やコンタクトプリントの現像方法を応用したフロッタージュ作品の制作に取り組んできました。
 
11月27日~29日の期間に開催される今回の展覧会では、上記の作品に加え、福島に植生する植物を用いた最新の作品を展示します。展覧会初日には、詩人・作家の永井真理子氏をゲスト・スピーカーに迎えて、スラヴィックによるパネル・ディスカッションを行います。
 
スラヴィックは写真の持つ客観性と詩的感覚を通して、目に見えない放射能の性質、無数の物と命を奪った原爆、核技術に関する正確な情報の不足、そして世間から忘れ去られた歴史や記憶に対して異議を唱えてきました。その作品の根底には、一貫して「被曝」の存在が描かれています。
 
インディゴブルーの青写真作品に浮き上がる被曝物品の白い亡霊のような姿は、原爆投下後にヒロシマ・ナガサキの地に焼きついた「影」を、そしてフロッタージュを用いたコンタクトプリントのシリーズは、放射線(X線)をそれぞれ象徴しています。物質そのものをレプリケート(複製)する彼女の技法は、幻想的なイメージをつくり出すと同時に、写真の平面表現を超えた物質的感触を作品に与え、過去に起こった悲劇を、より感覚的なメッセージとして伝える力を持っています。
 
原爆投下からちょうど70年にあたる本年、日本社会が未だに混迷を続けるなか、この作品があなた自身の考える平和への想い、そして原子力と核兵器に対する意識を、いま一度見つめ直すきっかけをつくってくれるかもしれません。

-

Photographer and artist, elin o’Hara slavick, has been working and researching in Hiroshima since 2008 on a series of cyanotypes, frottages which are used as paper negatives in the darkroom, and photographs of A-Bombed artifacts from the Hiroshima Peace Memorial Museum and A-Bombed surfaces. 
 
This exhibition brings together work made since 2008, including a 2015 cyanotype of organic matter from Fukushima. 
 
slavick attempts to defy the invisibility of radiation, the loss of lives and a lack of accurate information about nuclear weapons and energy. She further confronts ideas of absence, forgotten history and memory through the poetic and indexical properties of the photographic. 
 
White ghosts of artifacts are set in a sea of indigo (cyan) blue in her cyanotypes which reference actual shadows left in Hiroshima and Nagasaki at the time of the A-Bomb. slavick's contact prints of the frottages resemble x-rays. 
 
Exposure is at the heart of her project. 

-

 

elin o’Hara slavick(エリン・オハラ・スラヴィック)
アメリカ、メイン州ポートランド出身。広島市立大学特別招聘教授、ジャパンソサエティ日本学術振興会特別研究員、ノースカロライナ大学チャペルヒル校Studio Art, Theory and Practice教授および大学院研究科・科長。2000年より本格的に制作活動・展示活動を始め、近年では、被曝建造物のひとつとして知られる旧日本銀行広島支店で個展・グループ展を行うなど、国際的な舞台で活躍。著作物には、マンチェスター大学人文科学・言語・文化学科教授キャロル・メイバー執筆の序文収録した『Bomb After Bomb: A Violent Cartography』のほか、アメリカを代表する美術史研究者ジェームズ・エルキンズ書き下ろしのエッセイを和英バイリンガルで収めた『ヒロシマ・そのあと』など。
www.elinoharaslavick.com

-

elin o’Hara slavick
Born and raised in Portland, Maine, slavick has exhibited her work internationally, including in a solo and group exhibition at the Former Bank of Japan in Hiroshima (an A-Bombed building), Japan. slavick is the author of Bomb After Bomb: A Violent Cartography with an introduction by Howard Zinn and After Hiroshima (in Japanese and English) with an essay by James Elkins. She is currently a Visiting Scholar at Hiroshima City University, a Japan Society for the Promotion of Science Fellow, a Professor of Studio Art, Theory and Practice and the Director of Graduate Studies at the University of North Carolina at Chapel Hill.
www.elinoharaslavick.com

Please reload

Related posts

Please reload