1992年にインディペンデント雑誌の先駆けである『Purple Prose』を刊行し、以降『Purple』『Hélène』『The Purple Journal』など、アートとファッションを中心とした個人出版の雑誌をつくり続けてきた編集者、エレン・フライス。
2010年に『Les Cahiers Purple』を刊行して以降、育児を中心とした日々を送っていた彼女が、2013年元旦より自らが主催するWebサイト『Les Chroniques Purple』をスタートした。現在はフランスの田舎町で生活する彼女は、『Les Chroniques Purple』において世界各国40人以上のアーティストや写真家の作品の掲載に加え、自らエッセイなどを綴り、よりパーソナルな記事づくりをしている。日本からは、写真家のホンマタカシ、美術家のKYOTARO、デザイナーで『Purple』の元ADでもある大類信、そしてCOSMIC WONDERらが参加している。
2013年12月31日までに丸一年の活動を通してアーカイブされた400以上の記事は、彼女がこれまでに築いてきた世界観や世界中のクリエイターとの密接なつながりを表現するものであり、彼女自身を映し出すひとつの伝記(クロニクル)として紡がれた。
 VACANT とのコラボレーションにより、『Les Chroniques Purple』のなかから厳選された記事を書籍化。Purpleシリーズとしては初となる日本語訳付(別冊)。

[ 書籍情報 ]
Les Chroniques Purple
発売日: 2014.5.3 (sat)
価格: 2,900円 (税別)
仕様: A4変形 / 280頁 / カラー&白黒
編集長: エレン・フライス
発行者:エレン・フライス、永井祐介
書籍デザイン:須山悠里
制作: Les Editions Purple、VACANT
発行: VACANT ltd.

Les Chroniques Purple

¥3,132価格